ストレスと皮膚のバリア機能との関係

stress2.gifストレスを感じると肌が荒れたり、アトピーの症状が悪くなったりというのはなんとなく皆さん経験があるのではないでしょうか。

例えば、職場で強いストレスを感じたとき、家事や育児でストレスを感じているとき、学生の方ですと試験期間中など、このようなとき、肌の調子が急に悪くなったりしないでしょうか。

ストレスは万病の元とはいいますが、ストレスが原因で肌の調子が悪くなると聞いても、どうもスッキリ納得できないですよね。

しかし、実はストレスと肌の状態には、科学的な因果関係があるということが近年わかってきています。

それは、ストレスを受けると皮膚のバリア機能が低下するということです。

そのしくみは以下のとおりです。

まず、ストレスを感じたとき脳の下垂体前葉という場所から「副腎皮質刺激ホルモン」が分泌されます。

この副腎皮質刺激ホルモンによって副腎皮質が刺激され、「グルココルチコイド」というホルモンがつくられます。

このグルココルチコイドは表皮に存在している受容体にキャッチされます。

すると表皮細胞の電気的状態が変わります。この状態を「興奮」といいます。

表皮細胞は細胞内の「ラメラ顆粒」というツブツブからセラミドを含む「細胞間脂質」を放出することでバリア機能を形成するのですが、興奮した状態では、細胞間脂質の放出量が減ってしまいます。

このため、皮膚のバリア機能が低下するのです。

バリア機能が低下すると、乾燥が強くなったり、アレルゲンの進入によってアトピーの痒みや炎症が強くなったりします。

これが、ストレスによってお肌の状態が悪化する、ひとつの原因です。

そう考えると、ゆっくり入浴をしたり、アロマセラピーや好きな音楽でリラックスしたり、休みの日に出かけたりすることも、ストレス解消によってバリア機能を高める、立派なスキンケアといえるかもしれませんね。



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集