ストレスとアトピーの関係2

「ストレスを溜めないようにすれば、アトピーはよくなるの?」

前回、ストレスによるアドレナリン増加がTh2細胞の働きを強め、アトピーの
原因となるというお話をしました。

普通に考えれば、ストレスと減らせばアトピーも良くなりそうですが、実は一
旦Th2細胞が強くなって免疫バランスが崩れると、ストレスを減らしてもアト
ピーは良くならないばかりか逆に悪化することがあるのです。

皆さんも自律神経というのは一度は聞いたことがあると思いますが、その自律
神経は、交感神経と副交感神経の2つの神経に分かれています。

ストレスを強く感じているときは、交感神経が優位に働くのですが、ストレス
がなくなってリラックスすると逆に副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位になると、白血球の中のリンパ球が数多く作られるようにな
ります。

リンパ球は、ガン細胞やウィルスなどを殺したりして、体の免疫力を強くして
くれますから、一見いいことづくめに感じますが、実はTh2細胞というのもリ
ンパ球の1種で、リンパ球が増えることでTh2細胞も一気に増えていきます。

ここで、Th2細胞の働きを抑えるTh1細胞がきちんと働いてくれていればバラン
スが取れてよいのですが、一旦崩れた免疫バランスは、なかなか元に戻ってく
れません。

そのため、Th2細胞が増えることにより、IgE抗体が急激に増えて、その結果、
アレルゲンにさらに敏感になり、ヒスタミンやロイコトリエンというかゆみ物
質が増えて炎症がどんどんひどくなっていきます。


「ストレスがたまっても、なくなってもどっちにしろ

アトピーがひどくなるなんて・・・

               いったいどうすればいいのよーーー」


本来人間の体は、昼間は交感神経が優位になり、夜間は副交感神経が優位にな
るようにプログラムされていて、それによって、免疫機能が正常に働くように
できているのですが、不規則な生活や過剰なストレスを受けることによって、
このバランスが崩れてしまうそうです。

このバランスを元に戻すには、規則正しい生活を送り、昼間適度にストレスを
与え交感神経を優位にし、夜間はリラックスすることで副交感神経を優位にす
ることで、徐々に本来のバランスを取り戻すことができるとのことですが、そ
れを自分でコントロールするのはなかなか難しそうです。

そこで、次回は、免疫バランスを整えるために良いとされる具体的な方法をお
話したいと思います。



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集