ストレスとアトピーの関係1

最近テレビを見ても、ガンや成人病などの様々な病気の原因のひとつに必ずあがってくるのが「ストレス」です。

これだけストレスが病気の原因のほとんどを占めているのを聞くと、なんだかうそ臭く聞こえてきますよね。「医者が病気の原因がよく分からないからとりあえずストレスっていって逃げてるんじゃないか」って。

私もずっと、アトピーの原因が「ストレス」とひとことで言われても、なんだかうそ臭く聞こえてまったく信じていませんでした。

そこでいろいろ調べると、アレルギーの本にストレスとアトピーと科学的に説明している箇所がありました。


よく興奮すると「アドレナリンが出る」ということを聞くと思うのですが、ストレスがたまるとこの「アドレナリン」が交感神経というところからたくさん出るそうです。

免疫をつかさどるリンパ球(白血球の一種)の中にはT細胞という細胞があって、このT細胞がさらにTh1細胞とTh2細胞の2つに分かれています。

このうちのTh2細胞が、アレルゲンに反応してアレルギーを引き起こすIgE抗体を作る指示を出し、逆にTh1細胞はIgE抗体を作られるのを抑える働きがあります。

アドレナリンは、このTh1細胞の働きを抑えてしまうため、Th2細胞の働きのほうが強くなって、IgE抗体が体の中にたくさん作られてしまうんです。

だから、ストレスをずっと発散できないでいると、どんどんIgE抗体が増えてしまって、アレルゲンに反応しやすいアレルギー体質になるとのことです。

これが遺伝以外にアトピーになる原因のひとつだったのです。


「じゃあ、ストレスを溜めないようにすれば、アトピーは治るんじゃない?」


実は、一旦アトピーを発症してしまうと、ストレスをなくすと、今度は余計に炎症やかゆみがひどくなってしまうんです。

   「えっ、なぜ?どういうこと?!」

それは、また次回にご説明したいと思います。



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集