アトピーの入浴と過乾燥について

「お風呂から上がると、
     
     お肌が余計に乾燥するのはなぜかしら?」


 アトピーのお肌は、
 角質層のセラミドが少なくなることで、
 バリア機能が低下しています。


 バリア機能が低下したお肌は、
 お風呂につかると、
 角質層の奥深くまで、
 すぐにお湯が浸透してきます。


 そのとき、NMF(天然保湿因子)や
 セラミドもお湯の中に流れ出していきます。


 お風呂から上がると、今度は、
 このお湯が蒸発していきます。


 バリア機能が低下したお肌の場合、
 吸収したお湯だけでなく、
 入浴前にお肌に含まれていた水分まで
 一緒に一気に蒸発させてしまいます。


 そして、お風呂から上がって約10分間で、
 お風呂に入る前よりもお肌が乾燥してしまいます。


 この状態を過乾燥といいます。


 過乾燥を防ぐには、
 入浴後タオルで体を拭いたら、数分以内に、
 セラミドを含んだ乳液やジェル、クリームなどで、
 お肌の水分蒸発を防ぐことが大切です。


 その時に、失われたNMFを補うために、
 NMFの成分である、
 アミノ酸やPCAを含んだ化粧水を先に塗ると、
 より保湿力を高めることができます。


 お風呂上りは、
 すぐに冷蔵庫を開けて何か飲みたくなりますが、
 アトピーの方はぐっとガマンして、
 先にスキンケアを行うことをおすすめします。


 そのため、スキンケア用品は、
 お部屋だけでなく、脱衣所や洗面所など、
 入浴後すぐに手の届くところに用意しておくことが、
 単純ですが、とっても効果的な
 スキンケアテクニックとなります。


 アトピーのスキンケアは入浴後10分が勝負です!



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集