口の中のアレルギーとアトピーの関係

nodo1.gifアトピーや花粉症の方は、果物や野菜などを食べると、唇や舌、のどの奥などにはれやかゆみを起こす場合があります。これは口腔アレルギー症候群という粘膜のアレルギーです。

重症の場合は、涙や鼻が出たり、下痢や吐き気、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。

原因となる果物や野菜はたくさんありますが、実は花粉症の原因となる花粉の種類と関連があります。



下に花粉の種類と、口腔アレルギー症候群を引き起こす食物との関連を示します。

花粉の種類口腔アレルギー症候群を引き起こす可能性のある野菜、果物等
シラカバ(カバノキ科)
オオヤシャブシ(カバノキ科)
コナラ(ブナ科)
リンゴ、モモ、サクランボ、アーモンド、洋ナシ、ナシ、イチゴ、スモモ、アンズ、ウメ、ビワ、セロリ、パセリ、ニンジン、ジャガイモ、キウイ、ヘーゼルナッツ、グルミ、ピーナッツ、ココナッツ、バナナ
ブタクサ(キク科)メロン、スイカ、バナナ、キュウリ、ニンジン
ヨモギ(キク科)ニンジン、セロリ、パセリ、ピーナッツ、リンゴ
イネ、カモガヤ(イネ科)コムギ、ライムギ、トウモロコシ、タンポポ、ジャガイモ、トマト、メロン、スイカ、オレンジ、キウイ
スギ、ヒノキ(スギヒノキ科)トマト

この表によると、例えば、シラカバの花粉に対して花粉アレルギーを持つ人は、リンゴ、モモ、サクランボなどに口腔アレルギー症候群を起こす可能性があるということです。



ではなぜ、特定の花粉に花粉症を持つ人は口腔アレルギー症候群になるのでしょうか。

それは、例えばシラカバの花粉とリンゴ、モモなどは、共通のアレルゲンである、同一のたんぱく質を持っているからです。

そのため、シラカバの花粉にアレルギーを起こす人は、リンゴやモモなどにもアレルギーを起こしやすいといえるのです。



また、花粉の飛散時期には花粉に対するIgE抗体値も上がっているので、対応する食物に対するアレルギーも強く起きやすいと考えられます。

ちなみに、各花粉の飛散時期ですが、スギ科、ヒノキ科、カバノキ科、ブナ科などは、2月〜5月、イネ科は3月〜10月、キク科は8月〜10月といわれています。



出典、参考文献:
古江増隆「皮膚科における花粉症の診療」『チャイルドヘルス』Vol.9, No.2, 2006.02, pp22-23.
池澤善郎「皮膚の花粉症」『Progress in medicine』Vol.18, No.12, 1998.12, pp20-21


アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集