アトピーと花粉症

アトピーの方は多くの方が花粉症でも悩んでいらっしゃるのではな
いでしょう
か。

また、この時期皮膚の症状が悪くなることが多いのではないでしょ
うか。


この時期アトピーの皮膚の状態が悪化するのは、バリア機能の低下
したお肌に花粉が付着することで、アレルギー反応が強くなること
も原因のひとつですが、実はそれだけではないそうです。


ところで、食物アレルギーのかたが、アレルゲンを摂取してしまう
と、皮膚の状態も悪化してしまいます。

これは、小腸の粘膜から異種たんぱく質のアレルゲンが進入すると、
血中のIgE抗体の濃度が上がるため、皮膚から進入してくるアレルゲ
ンに対しても、抗体が過剰に反応してしまうからです。


それと同様に、鼻や目の粘膜に花粉が付着すると、同じようにIgEの
濃度が上り、主には鼻や目の粘膜で炎症を起こしますが、すでに炎
症が起きている皮膚の表面のアレルギー反応も強くなってしまうの
です。


そう考えると、皮膚炎が悪化すると、花粉症の症状も悪化するとい
う逆のこともありえるということですね。

私も、皮膚炎がひどかった時は、花粉症もとてもひどかったですが、
ここ2年くらいは花粉症がとても軽くなったのを実感しています。


ところで、花粉症にはティートゥリーオイルが良いということをよ
く聞きますよね。

マスクにしみこませたり、お湯にたらして吸入したりすると、確か
に鼻のつまりが楽になって、鼻水が止まります。

エッセンシャルオイルは非常に多くの成分からなるため、完全に病
気の治療との因果関係が科学的には解明されておりません。

最近では、日本でも医療現場で使われるようにはなってきましたが、
雑貨としての扱いのため、医薬品として研究されることもないから
です。

ティートゥリーも、それ自体強い抗アレルギー作用があるわけでは
ないですが、殺菌作用と軽い麻酔作用、免疫賦活作用があることが
一般的に知られています。


花粉症は、炎症を起こした鼻の粘膜に、鼻の中のバクテリアが攻撃
することでさらに悪化するそうです。

実際、海外ではキシリトールと鼻の中にスプレーして治療したりし
ます。これは、キシリトールを食べたバクテリアはそれを消化する
ことができず、活動をストップしてしまうからだそうです。

同様に、ティートゥリーは、鼻の中のバクテリアを殺菌して、鼻の
中を軽く麻痺状態をさせることで、花粉症の症状が和らぐのではな
いかと考えております。


この時期のアトピーは、皮膚についた花粉をキレイに洗い、スキン
ケアをすることが一番ですが、花粉症対策なども平行して行うこと
で、皮膚の炎症を悪化させないことも大切だと思います。



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集