腸内細菌とアトピーとの関係

hifu33-05.gif「腸の調子を整えるとアトピーの症状が軽くなる」

ということを良く聞きますが、本当なのでしょうか。

また、本当だとすると、そのメカニズムはいったいどのようなものなのでしょうか。


腸内には腸内細菌といわれる細菌群が100種類、100兆個以上も生息しており、消化を助けたり、体外から進入した病原菌の繁殖を抑えたりしています。

この中には、ビフィズス菌や、ラクトバチルス菌、大腸菌、皮膚常在菌としても生息しているブドウ球菌などが含まれます。


一方、免疫をつかさどる免疫細胞のリンパ球は、60%以上が腸内で作られます。

リンパ球の中には、Th1細胞とTh2細胞というものがあるのですが、この2つは各々が増殖して働きが強くならないように互いに監視しながらバランスを保っています。

ところが、様々な原因によりTh2細胞の働きが強くなると、IgE抗体が作られアレルギーのかゆみや炎症が強くなります。


腸内細菌のうち、ビフィズス菌やラクトバチルス菌は、Th1細胞の数を増やそうとします。

その結果Th2の働きが抑えられ、かゆみや炎症が治まるのです。

しかし、腸内細菌のバランスが崩れ、ビフィズス菌などの数が減ったりすると、Th2の働きが強くなってしまい、アトピーの症状が悪くなってしまいます。

これが、腸の働きを良くすれば、アトピーが軽くなるといわれる理由です。



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集