アトピーと化学物質の関係

chemical1.gif乳幼児が生後まもなくアトピー性皮膚炎になることを考えると、アレルギーは遺伝が原因のひとつであることは疑いはないようです。

しかし、近年、もともとアレルギーを持っていない人が、突然アトピーを発症したりするケースも多いと聞きます。

それでは、なぜ、成人してからアレルギー体質になることがあるのでしょうか。


アレルギーは、白血球(リンパ球)であるTh1細胞とTh2細胞の働きのバランスが崩れ、Th2細胞が優位な状態になることによって起こります。Th2が優位になると、かゆみや炎症の原因となる、IgE抗体の量が増加します。

そして、Th2優位になる原因は、近年の研究により、

ストレス
化学物質
現代型の生活習慣
によるものなどと言われています。

その中で、今回は、化学物質についてご紹介したいと思います。


化学物質には皮膚や粘膜などに刺激を与えるものが多くありますが、それらの物質が体に付着すると、接触過敏反応を起こします。

これは、Th1による反応で、アレルギーでない人でも起きる反応です。そして、皮膚であれば、かぶれや接触皮膚炎などを起こします。

しかし、長期間同じ化学物質の刺激を与えると、Th1を制御する樹状細胞と言われる自然免疫担当細胞の働きが弱り、結果として、Th2の働きが優位になってしまいます。

Th2が優位になると、かゆみや炎症、浸出液を伴う、いわゆるアトピー肌やアレルギー性鼻炎、喘息のような症状を発症します。

これが、化学物質の接触による、アレルギー発症の仕組みです。


参考文献:塩原哲夫:科学物質はTh1Th2バランスにどのような影響を与えるか,皮膚アレルギーフロンティア,Vol4 No3 2006-11,141-147



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集