アトピーのための石けんの条件1

アトピーのお肌は、
 石けんやボディーソープがしみたり、
 お肌に合わないことがあるかと思います。

 お肌に合わない石けんやボディーソープでは、
 キチンとスキンケアをしていても、
 いつまでたってもお肌の状態が良くなりません。

 その場合、アミノ酸洗浄剤のボディーソープを使うと
 改善されることが多いのですが、
 それでもお肌に合わない場合もございます。

 そうなると、お湯だけで洗うしかなくなってしまいます。
 
 しかし、今度は汚れが落ちず、
 汚れがアレルゲンとなり肌に刺激を与えるので、
 お肌の調子が悪くなってしまいます。


 そこで考えるのが、

   「石けんをもっともっと低刺激にできないか」

 ということです。


 でも、そもそもなぜ石けんが
 肌に刺激を起こす場合があるのでしょうか。

 その理由には以下のようなものがあります。


 1.アルカリ度が高い

   石けんは脂肪酸とアルカリを中和したものですが、
   実はとっても酸化しやすく不安定な物質です。

   この不安定な状態をなくし、製造コストを下げるため、
   アルカリを多くします。

   余ったアルカリは自ら安定化するために、
   お肌のたんぱく質に結合します。
   
   このとき結合されたたんぱく質が炎症を起こすため、
   刺激を感じるのです。


 2.刺激の高い脂肪酸が含まれている

   ヤシ油、牛脂などの天然油脂を
   そのまま使って作られる石けんには、
   たくさんの種類の脂肪酸が含まれています。

   これら脂肪酸の中には、
   石けんの泡立ちを良くする反面、
   お肌にチクチクした刺激を起こすものも含まれます。


 3.エタノールを使う

   石けんは水に溶けやすいイメージがありますが、
   化粧品原料としては、実はとても水に溶けにくく、
   製造者泣かせの原料です。

   そこで、低コストで効率よく石けんをつくるため、
   枠練り法という製法では、
   エタノールで石けんを溶かし込みます。

   また、見た目の高級感を出すための
   「透明石けん」を作るためには、
   一般的にはエタノールを必要とします。

   
   エタノールは製造の最後に揮発させるのですが、
   完全には揮発できないため、
   それがお肌に刺激を与える場合があります。


 上のような原因を取り除くと、
 アトピーのお肌にも
 極力刺激を起こさない石けんになります。



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集