アトピーの汗対策

ase1.gif汗は自分の体から出るものなのに、なぜアトピーを悪化させるのでしょうか。

理由はいくつかあります。

一つは、かいた汗が乾くことで、汗に含まれる塩分が濃くなり、それが肌へ刺激を与えるためです。

ほかには、汗をかいた肌を養分に黄色ブドウ球菌が繁殖することです。

黄色ブドウ球菌は、抗原性があるため、アトピーのかゆみや炎症を強くしてしまいます。

それでは、アトピーの汗対策、どのようにすればよいのでしょうか。


●アトピーのための汗対策

まずは、当たり前のようですが、入浴によって汗をできるだけ早く洗い流すことです。

通常、入浴は1日1回が多いと思いますが、最低でも朝と夜の1日2回はシャワーを浴びることをおすすめします。

外出から帰って来てすぐにはもちろん、夜寝ているときは大量の汗をかくので、朝起きて出かける前にも汗を流します。

そして、入浴後はすぐに保湿剤で保湿をします。

ちなみに私は、今でも夏、冬にかかわらず、朝と夜の2回シャワーを浴びています。


ところが、1日2回シャワーを浴びても、外出中、どうしても肌がムズムズかゆくなるかと思います。

そのために、外出時は、ぬれタオルをビニール袋に入れて携帯することをおすすめいたします。

仕事の休み時間などに、洗面所でタオルをぬらして絞り、トイレの個室に入って、腕や首、腹などを、こすらずに押さえつけるようにして拭いて、その後、保湿剤を塗りなおします。


これらの方法を毎日実践するには最初は面倒ですが、汗による炎症や悪化はかなり防ぐことができますので、ぜひ一度試してみてください。



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集