アトピースキンケアのまとめ

今回、自分の体験を通じて、アトピーのスキンケアには次のようなポイントが重要であることがわかりました。

  • アトピーの原因のひとつは皮膚のバリア機能の低下である。
  • バリア機能を正常にすることで、アレルギー体質が残ったままでも、お肌に炎症のない健やかな状態に保つことは可能である。
  • かゆみと炎症がある場合は、セラミドでバリア機能を補うだけでは不十分。
  • セラミドを補うだけではなく、お肌がセラミドを作れるようにすることが必要。
  • お肌がセラミドを作れるようにするには、炎症を抑えターンオーバーの乱れを整えることが有効である。
  • 炎症を抑えるためには、エッセンシャルオイルを使うことが有効である。


このアトピースキンケア法を実践するには、まずはスキンケア用品はセラミドを配合した保湿力の高いものを使うことが必要です。

炎症があると、セラミドだけではバリア機能を正常にするのは難しいですが、セラミドを使うことにより、一時的にアレルゲンの進入や肌の乾燥は防ぐことができます。

その上で、エッセンシャルオイルを利用されると良いと思います。

エッセンシャルオイルは、ホホバオイルやワセリン、ジェルなどの基材に混ぜて使用するのが一般的です。

私が使用したエッセンシャルオイルの量は、基材50gに対して、ティートゥリー15滴、ヨーロッパアカマツ4滴、ジャーマンカモミール2滴を基本として、お肌の調子を見て多少増減させました。

セラミドや、ティートゥリーなどのエッセンシャルオイルを最初から含んだ保湿化粧品などもありますので、そういったものを使用されても良いと思います。


それから、ステロイドを長期間使用されている場合は、いきなり使用を中止すると炎症がひどくなり、エッセンシャルオイルを使っても炎症は抑えきれません。

その場合は最初はステロイドとエッセンシャルオイルを併用し、徐々にステロイドの使用頻度やレベルを下げていき、炎症が強くならないようにコントロールしながら、ステロイド使用を中止することが必要だと思います。



アトピー肌対策ならこの化粧品
エッセンシャルオイルとセラミドが肌をやわらかくして、皮膚のバリアケアをサポート。
お肌がかゆい!
ホウセンカエキスとアミノ酸が、カサカサかゆいアトピー肌をケア。低刺激化粧水。
広告
トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集