●アトピー、薬に頼らずお肌をツルツルにするスキンケア方法


  • ステロイドを塗って一度はアトピー良くなったけど、やめたらまた悪化した。
  • ステロイドが効かなくなって医者に行ったらもっと強い薬が出てきた。
  • アトピーって、このまま、一生ステロイドを使い続けなくては、いけないの?

あなたもこのような悩みをお持ちではないでしょうか。


はじめまして、管理人のUnimaruと申します。

私は、徹夜続きの仕事の疲れとストレス、乱れた食生活によって、大人になってからはじめてアトピー性皮膚炎になってしまいました。

最初病院でアトピーと診断されたときは、正直耳を疑いました。アトピーは子供の時に発症する病気だと思っていたからです。

でも、そのときはそんな深くは考えませんでした。仕事が忙しいのもありましたが、とりあえず薬を塗れば、アトピーはすぐに治ると思っていたからです。

案の定、医者から出された薬は良く効いて、体の赤みとかゆみは2日で消えてしまいました。

ところが、薬を塗らなくなって10日ほどで、またアトピーの痒みが襲ってきました。

それから、約8年、仕事を変わったり引っ越したりするたび、違う皮膚科を転々をするうちに、ステロイドの強さがどんどん強くなっていき、最後にはほとんど効かなくなってしまいました。

「どうしよう、どんどんひどくなっていく!」

私は、このときはじめてアトピーという皮膚病に言いようもない恐怖を感じました。


頼るのは医者しかいないと思った私は、そのとき通っていた皮膚科に聞きました。

「医者の言うとおりずっと薬を塗ってきたのに、どうしてどんどんアトピーがひどくなっていくんですか?」

すると

「アトピーは完治できない皮膚病だから、ずっとステロイドで炎症を抑えていくしかないんだよ。」

「えっ・・・・・・・・・・・」

ショックで言葉がでませんでした。


その日を境に、医者が信用できなくなった私は、アトピーの真実を知りたくて、皮膚科の医学書を買って来て片っ端から読み始めました。

そして、そこに書いてあったことは、

「ステロイド外用薬は、長期間使い続けると様々な副作用が起きるので、炎症が治まった時点で徐々に弱いステロイドにランクを落としていき、最終的にはワセリンなどの保湿剤だけで症状をコントロールするのが正しいアトピー治療の方法である。」

私は愕然としました。

私は今まで全く逆のことを行っていたんです。

実はアトピーになってから、このときまで、ステロイドについての知識がまったくなかったのです。

そこで、本に書かれていたとおり、徐々に弱いステロイドに切り替えながら、徐々にワセリンだけ塗るようにしてみました。

ところが、少しでもステロイドのランクを落とすと、耐えられないほどアトピーの炎症が強くなってしまい、うまくいきませんでした。


他に何か方法がないか探そうと思った私は、更に医学書やアトピーに関するあらゆる本を買って調べました。

そして、ついにこのことを解決するヒントを見つけたのです。


アトピーの2つの原因



アトピーの豆知識

アトピーとスキンケア1

アトピーとスキンケア2

アトピーのための石けんの条件1

アトピーのための石けんの条件2

アトピーとセラミド1

アトピーとセラミド2

ストレスとアトピーの関係1

ストレスとアトピーの関係2

アレルギーを改善するには

皮膚科はどうやってアトピーを診断しているの?

アトピーと黄色ブドウ球菌の関係

皮膚の汚れとアトピーの関係

アトピーと花粉症

アトピーの入浴と過乾燥について

アトピーと色素沈着1

アトピーの色素沈着2

アトピーとビタミンB群との関係その1(ビオチン)

アトピーとビタミンB群との関係その2(ナイアシンアミド)

アトピーとビタミンB群との関係その3(パンテノール)

ストレスと皮膚のバリア機能との関係

脱ステロイドの方法について

アトピーのかゆみを鎮めるエキスとは

エッセンシャルオイルがお肌に合わない場合の対策

アトピーのニキビ、吹き出物対策

腸内細菌とアトピーとの関係

アトピーのための腸内環境改善計画

アトピーの花粉症対策

子供にアトピーが多いのはなぜ?

自然免疫による皮膚のバリア機能

アトピーの汗対策

アトピーと化学物質の関係

口の中のアレルギーとアトピーの関係

アトピー肌の皮膚のバリア機能を正常にする方法

アトピーに最適な保湿剤とは

アトピーに砂糖が良くない理由

トップページアトピースキンケア法アトピー豆知識 リンク集
ホームページSEO対策相互リンク